沖縄

日本の南西部に位置する沖縄県は、年間を通して平均気温は20度近くあるそうです。その為、一年中暖かく半そでで過ごす事が可能だとか・・・。暖かい地域に住む人は人柄も温厚なのか、沖縄県民は老若男女を問わず、みんな笑顔が素敵な県民というイメージです。また、沖縄県民と言えば、長寿の県とイメージもありますよね。沖縄県民の長寿の秘訣は、やはり沖縄独特の食文化に隠されているのでしょうか?沖縄と言えば、ゴーヤにチャンプルー、沖縄そば、泡盛などなど、沖縄独特の食材を使用した料理が多いようです。また豚肉やヤギ肉を使用した料理が多いのも沖縄料理の特徴です。
今では当たり前に使われている「ゴーヤ」という言葉ですが、これって沖縄の方言からこのように呼ばれるようになったそうです。和名は「ツルレイシ」と呼ばれるウリ科の植物ですが、苦味を多く伴う事からも「苦瓜(ニガウリ)」と呼ばれる事も多いかと思います。また「ゴーヤ」に至った経緯には、中国語で苦瓜が「クーグア」と読める事からもあるとされています。ゴーヤを使った料理だと直ぐに「ゴーヤチャンプルー」を思い浮かべてしまいます。「ゴーヤチャンプルー」はゴーヤを卵や豆腐、野菜と一緒に炒めた料理をそう呼びますが、「チャンプルー」は沖縄の方言で「混ぜる」という意味なので、沖縄料理にはゴーヤを使用しないチャンプルーもたくさんありあります。そんなゴーヤはビタミンCが、トマトやキャベツの何倍もある野菜だそうです、苦味の成分はモモデルシンと呼ばれる成分で血糖値やコレステロールを下げる働きがあるとされています。このように栄養価の高い野菜を摂取し、いつもニコニコと笑顔で過ごす事が、沖縄県民の長寿の秘訣かもしれませんね。

次に沖縄と言えば、何と言っても「海」ですよね。沖縄は、県庁所在地の那覇がある本土と、石垣島、西表島、宮古島、久米島、与那国島などの離島もたくさんあります。そしていずれの地でも、スキューバーダイビングをはじめとした海のレジャーがとても盛んです。未経験者でもインストラクターの教えに従えば、どれも楽しめるものばかりで、一度体験すると病みつきになる人も多いみたいです。
沖縄の観光スポットと言えば、「首里城」に「美ら海水族館」ですよね。正式には「首里城公園」、「海洋博公園」と言い国営沖縄記念公園として運営されています。美ら海水族館は、ジンベイザメが居ることでも有名ですよね。自分の目で、あの巨大なジンベイザメの姿を見ると、言葉にならない程の驚きと感動を覚えるでしょう。そして、首里城は世界遺産にも認定されていて、国内外を問わず一年中、多くの観光客が訪れる観光スポットとなっています。

一度沖縄を訪れると、また行きたくなる沖縄リピーターが多く見られます。県民が暖かい、身体に優しいお料理の数々、そして世界遺産の首里城に、世界最大級の美ら海水族館。ここで述べたもの以外にも、まだまだ沖縄の魅力はたくさんあります。まだ沖縄を訪れた事の無い方は、一度足を伸ばしてみてください。きっとあなたも沖縄に魅了されリピーターになること間違いなしですよ!

Favorite

最終更新日:2014/11/5